タグ別アーカイブ: ムダ毛の処理

タトゥーがある箇所のお手入れは危険

入れ墨も同じで、かなり強く反応してしまうので、入れ墨を入れた箇所が赤く腫れあがったり、やけどを起こしたりします。

レーザー脱毛は本来、シミやほくろの除去として使われていたことから出来た脱毛方法です。

やけどなどを起こしますが、最終的にはシミやほくろが薄くなることもあるようです。

それと同様、タトゥーもやけどのあとや、腫れがひくと薄くなったり消えてしまったりすることがあるようです。

脱毛サロンやクリニックではタトゥーが入っている箇所のお手入れをお断りしているところがほとんどですが、とある脱毛サロンのように「何センチ以上あけてのお手入れは可能」という風になっているところもあります。

契約した後に、「タトゥーがあるところのお手入れは出来ないなんて知らなかった」と言うことのないように、カウンセリングで相談しておくと良いでしょう。

安全にお手入れを受けるためにもタトゥーが入っているところは脱毛を行わないことをおススメします。

ニードル脱毛という電気針を使用した方法もおすすめで、一般的にはレーザー脱毛やフラッシュ脱毛ができない眉毛などの脱毛でやる方もいます。

毛穴に一本ずつ針を刺して電気を毛根に送り込んで焼き切る方法なので、痛みは強いものの確実に永久脱毛ができるため検討してみてはいかかでしょうか。

脱毛クリームの安全性はいかがなもの?

この脱毛ムース本当に安全なのでしょうか?

だって、常考そうですよね。

なっただけで毛が溶けるという事は、少なからず肌にも大きなダメージを与えているということじゃないでしょうか?

塗っただけで、毛が生えてこなくなるだけの効果を出すということはかなりの強いお薬が入ったものです。

基本的にアルカリ性の薬で出来ており、その薬が肌表面のムダ毛を溶かしています。

聞いていてなんとなく危険な感じがしませんか?その通りで、危険なのです。

薬で毛が解けるということは、それだけの強い薬が肌に乗せられているということ。

実際に脱毛ムースを使っていると肌がスベスベになって一石二鳥と喜んでいる方がいます。

ですが、これ、実は肌の表皮の、肌の潤いを守っている角質などのものが溶かされているということなのです。

そんなものを塗り続けると一体どうなるのか…きっと皆さんわかると思います。

肌がどんどんボロボロになっていきますね。一度ボロボロになった肌を戻すには時間がかかります。

確かに脱毛ムースは脱毛と抑毛効果があり、肌もスベスベになるし一石二鳥!と思われるかもしれません。

ですがその水面下に潜む危険性にも目を向けてみてください。使用することが本当にいいことなのかどうかが見えてくると思います。

こんな時にもやはり不安を解消できるのは、信頼性のある施術方法ではないでしょうか?

湘南美容外科 新宿 ヒゲでの永久脱毛ならあなたの肌の負担を最小限に抑えて脱毛を完了することができます。