タトゥーがある箇所のお手入れは危険

入れ墨も同じで、かなり強く反応してしまうので、入れ墨を入れた箇所が赤く腫れあがったり、やけどを起こしたりします。

レーザー脱毛は本来、シミやほくろの除去として使われていたことから出来た脱毛方法です。

やけどなどを起こしますが、最終的にはシミやほくろが薄くなることもあるようです。

それと同様、タトゥーもやけどのあとや、腫れがひくと薄くなったり消えてしまったりすることがあるようです。

脱毛サロンやクリニックではタトゥーが入っている箇所のお手入れをお断りしているところがほとんどですが、とある脱毛サロンのように「何センチ以上あけてのお手入れは可能」という風になっているところもあります。

契約した後に、「タトゥーがあるところのお手入れは出来ないなんて知らなかった」と言うことのないように、カウンセリングで相談しておくと良いでしょう。

安全にお手入れを受けるためにもタトゥーが入っているところは脱毛を行わないことをおススメします。

ニードル脱毛という電気針を使用した方法もおすすめで、一般的にはレーザー脱毛やフラッシュ脱毛ができない眉毛などの脱毛でやる方もいます。

毛穴に一本ずつ針を刺して電気を毛根に送り込んで焼き切る方法なので、痛みは強いものの確実に永久脱毛ができるため検討してみてはいかかでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です